<   2003年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黒玉子

箱根に行った時、「るるぶ」を見て、どうしても行ってみたいところがあった。 
 
大湧谷である。 
芦ノ湖と並ぶ、箱根を代表するビュースポットなのだそうだ。 
「箱根の山々を従えた雄大な富士山を展望でき、 
40万年前の火山活動の名残りを今に伝える噴煙地などをお楽しみいただけます」 
「るるぶ」にはこう書いてあった。 
絶対に行きたくなるような文章である。 
実際は、雨と強風とすごい霧で、な~んも見えなかったのだが・・・。 
 
でもそれだけじゃない!! 
「大湧谷名物、延命長寿の黒たまご」これにも興味をひいた。 
大湧谷特有の酸性熱泥でゆでた黒たまごだって、黒たまご!! 
(この時点で、私はてっきり中身も黒いもんだとばっかり・・・) 
 
しかも1個食べると7年、2個で14年寿命が延びるって言われてるとか・・・。 
(14年若返ると、うたってれば、もっと販売数も伸びるだろうに) 
 
私は、お土産に買って帰った。 
「黒たまご、黒たまご~♪」とわくわくしながら、殻をむくと、 
中身はごく普通のゆで卵だった・・・(ー'`ー;) 
 
かなり、がっくし・・・。 
 
翌日、会社に持って行って、常務と支店長に1個ずつあげた。 
「7年寿命が延びるんですってよ!!」って言うと、我先にと喜んで食べ出したが、 
常務、「うぅっ!」ってむせだした。たまごで喉をつまらせたらしい。 
「いやだ、常務、こんなとこで、窒息なんかしなんでよ!!」 
と言い、背中をたたきながら、お茶を飲ませる私。 
 
いくら、寿命が延びるからって、お年寄りには向いてないんじゃないか・・・?
[PR]
by maccha1020 | 2003-04-23 21:05 | 日常

いとこ

去年、一番上のいとこが亡くなり、10数年ぶりに全員集まった。 
集まった理由がお葬式というのが、悲しいことだけど、 
それをきっかけに、毎年いとこ会をやろうということになった。 
 
住んでるところが離れていたし、結婚して子育てなんかでみんな忙しく、 
ここんとこ全然会ってなかったいとこたち・・・。 
 
久しぶりに会って、昔話に花が咲いた。 
 
子供の頃は、お盆と正月にはみんな田舎に帰ってきていた。 
田舎の伯母の家はその頃まだ平屋で、6畳二間に4畳半。 
そこへ、いとこたち15人にその両親が集まるのだ。約30人。 
小さい子供たちはみんな廊下で寝てたっけ・・・。 
 
夏は近くの川で泳いだ。 
泳ぎを教えてくれたのも、大きい方のいとこたちだ。 
よく川へ放り込まれたもんだ(ー'`ー;)  
 
夜になると、毎晩花火大会。 
一人の伯父が、店の花火を買い占めるほど、たくさん買ってきて、 
一晩で終わってしまう。 
田舎だから、どんなにドンパンやっても平気。 
買い出しに行くときは、数人のいとこも連れてってくれて、 
都会のいとこに、「おじちゃん、私東京から遊びに来てるの。」と言えと言う。 
そういうと、気のいい田舎の店主は、「よく来たなぁ」と言って、必ずまけてくれるのだ。 
 
「いいか。○○○σ(^^*)は黙っとれよ。田舎弁ですぐばれるからな。」 
「・・・。」 
 
夏休みが終わると、みんな一斉に帰ってしまって、 
なんか取り残されたかんじで寂しく、いつも見送るのがイヤだったなぁ・・。 
 
小さい頃の想い出は、いいものである。 
いとこ会がなければ、思い出すこともなかったかもしれない。 
いとこ会、バンザイ!!  
[PR]
by maccha1020 | 2003-04-21 21:03 | 日常

いとこ会②

日曜日は、天気予報通りの雨・・・(T^T) 
しかも、雨、強風、霧と3拍子そろっている。 
遊びに出かけて、こんな天気は初めてだ!! 
 
でもただ帰ってももったいないので、13人の一行は「大湧谷」へ向かう。 
かなり登ったので、お天気なら絶対見晴らしがいいはずなのに、 
霧でまわりは何も見えない・・・。 
(るるぶには、綺麗な富士山が拝めると書いてあるのに・・・) 
 
標高が高いので、風もハンパじゃない。傘なんてさしてたって、無駄!! 
せっかく宿の温泉に入って、そこにあった今はやりの炭のシャンプーで髪を洗って 
しっとりつるつる、つやつやの髪になったというのに、雨でべったべた┐('~`;)┌ 
 
横殴りの雨の中、みんなで記念写真を撮って(もうみんなヤケ) 
名物黒たまごを買って下山した。 
この黒たまご、1個食べると5年長生きするんだって。 
(5年若返ればいいのに・・・) 
 
それから、芦ノ湖へ向かったが、湖はいったいどこ? 
湖が見えるどころか、前を走ってる車も見えないほどの霧。 
遊覧船に乗るのもあきらめて、そこでお昼を食べながら次の幹事を決めて解散した。 
 
それから、私たち3人は家に向かって出発。 
しかし、しばらくするとまた強羅温泉に着いてしまった。 
何故って?カーナビの到着地点が強羅温泉のままだったから・・・(笑) 
 
あきれる3人・・・。かなりおバカである。 
 
でも、19時には家に着いた。 
 
お天気が悪くて残念だったけど、最後まで楽しい旅だった。 
[PR]
by maccha1020 | 2003-04-20 21:02 | イベント

いとこ会

この土、日と箱根でいとこ会があった。 
 
今回は白樺湖でやるはずだったのに、善光寺7年に1度のご開帳ということで、 
宿がとれなかったらしく、急遽箱根に・・・。 
 
千葉、東京、神奈川、茨城に住んでるいとこたちが多く、 
長野からは、フランケンと妹と私の3人。 
妹が運転で、フランケンがナビ、私は後ろの座席で、お茶とおやつ係・・・。 
 
高速を箱根に向かってがんがん飛ばす妹。 
フランケンと話をはずませながら、大月、河口湖ジャンクションを過ぎても軽快に走り続ける妹・・・。 
「あのぉ、今、河口湖方面、あっちって表示があったよ」 
と後ろから声をかけると、前の二人は一瞬「・・・。」の後、声を合わせて、 
「通り過ぎる前に言え!!」 
そんなこと言ったってねぇ・・・┐('~`;)┌私はお茶係だから・・・。 
 
仕方なく上の原で降り、そこから延々下道を行く。 
結局、箱根強羅温泉に着いたのは、家を出てから7時間後だった(ー'`ー;)  
 
今回の宿は、文部省共催組合の施設。(安く一般も泊まれるらしい) 
ロビーにくつろいでる人たちは、「○○先生!!」とか声をかけられてるし、 
見るからに頭の切れそうな、決してただの宴会だけに来たんではないだろうと 
思われる人々で、異様な雰囲気をかもしだしていた。 
 
そんな雰囲気は気にせず、半年ぶりの再会にはしゃぐ私たち。 
私のいとこたちはとっても仲がいいのだ!! 
15人いるいとこの中で、今回は10人集まった。(上は49歳~下は28歳) 
それに、フランケン他、いとこのダンナチームが3人が加わって、総勢13人。 
 
その晩はかなり遅くまで盛り上がった・・・。 
[PR]
by maccha1020 | 2003-04-19 21:00 | イベント

京都

日帰りで京都まで行ってきました。 
 
前から京都に桜を見に行きたいとは思っていたけど、まさか本当に行けるとは・・・。 
 
日曜日は絶対混むし、平日はお天気悪そうだしと、今年の京都行きはあきらめていた私。 
土曜日の晩も、明日は休みだし♪と本を読んでたりして、寝たのは午前2時頃。 
 
すると朝方電話が鳴った。時計を見るとまだ5時。 
寝ぼけながらでると、 
「お母さんだけど、お父さんが京都へ桜見に行くって。一緒にどう?」 
「はぁ?」 
「だもんで、これから京都に行くで、早く出といな。」 
 
行くなら行くで、昨日のうちに言ってくれぃ!! 
 
それから慌てて洗濯をして、デジカメの充電をし(これは大事)、 
寝ているフランケンを起こして支度をさせ、6時半前に家を出た。 
 
まず向かったのが嵐山、渡月橋。 
渋滞を乗り越え近くまで行くには行けたが、車をとめるところがない(ー'`ー;) 
母と私は、車から降りて先に観光に行くことにした。(なんてやつ) 
初めて行く渡月橋・・・。見渡す限り、人、人、人であふれていた。 
 
40分ほどして、車をとめてきたフランケンたちと合流して天竜寺へ。 
嵯峨野の竹林は、桜がないせいか人も少なく、とても静かだった。 
やっぱ京都はこうでなくちゃ!! 
 
せっかくここまで来てるのだからと、清水寺へ行くことに。(私が行きたいと言い張ったのだが・・・) 
ここもまたすっごい人。 
確かに、すごい人だろうなぁって思って覚悟して行ったけど、こんなにだとは・・・。 
二年坂や三年坂も歩いたが、石畳なんて人ばっかで見えやしない。 
円山公園にいたっては、押しくらまんじゅう状態で、あの有名なしだれ桜に近づくこともできなかった。 
 
桜を見に行ったんだか、人を見に行ったんだか・・・。 
私たちはもうヘロヘロになって帰ってきました。 
でも、家に着いたとたん母は、 
「じゃぁ、次回は紅葉の時にってことで」 
また行くんかい!!でもあんな人混みはもうごめんである。 
桜はとってもきれいだったけどね。 
 
次に京都へ行くときはもっとゆっくり、静かに見て歩きたい。 
 
途中何人かの舞子さんにも出会ったが、携帯で写真をとっていたりしてたし、 
きっとナンチャッテ舞子さんだろう。 
年配のおじさまと歩いていた舞子さんは本物だったのかなぁ。 
[PR]
by maccha1020 | 2003-04-06 20:57 | 旅 奈良・京都