カテゴリ:旅 岐阜( 14 )

温泉旅行・余談

1日目はよく歩きました。 
3本目の「三本の滝」までは、駐車場から歩くこと30分(;^_^A 
 
すれ違う人たちもみんな、「ハァハァ」と息切れしてる。 
行きはまだ下りだったので多少良かったものの、帰りはずっと登り坂でかなりきつかった。 
私たちはもうヘロヘロ・・・。 
 
そんな中、元気なのが一人いました。 
 
帰り道、いきなり道からそれる母。 
「ちょっと、ちょっと、木いちごだよ~!!」と、 
摘み始めた。 
「食べたことある?美味しいで食べてみ?」 
と言いながら、美味しそうに摘んでは食べてるお母さん。 
元気だね~。 
 
旅館まで行く道中でも、オリンピック観戦のせいで寝不足気味だった私、 
車の中では、ウトウトしてました。 
気持ちよく眠りに入るたびに、母の「あっ柳蘭がいっぱい咲いとる!」とか、 
「あれは、トリカブトの花だに~」とか、「あの花は知っとる?」 
の声に起こされ、足は痛いし、眠いし・・・。 
 
ママさんソフトにエアロビクス、それに毎日歩いて仕事場まで通ってる母の元気さには参りました。 
母に言わせれば、私は生っちろいんだそうです(;^_^A 
 
どうしても温泉に行きたい!なんて言うから、どんなに疲れてるんだろう、どっか悪いんじゃないかと、心配してたんだけど、元気じゃ~ん!! 
よかった!ちょっと安心。 
以前、大病した父も元気そうで、なにより。 
 
旅館の宿泊代の精算のとき、私たちの分まで出してくれようとする母。 
私たちももういい大人だし、二人で働いているんだからと言っても譲らない。 
お母さんにとっては、いつまでも子供のままなのかな。親ってそういうもん? 
結局、私は少し出しただけ・・・(;^_^A またまた甘えてしまいました。 
 
お母さん、お父さんと二人じゃつまんないから(^m^=)と、いつも私たちを誘ってくれるんだけど、私は自分の親だからいい。 
でも、いつも文句も言わずつきあってくれるフランケンにも、ちょっぴり感謝してる(-。-;)ボソッ 
 
その後、4日ほど足の痛みは続き、まともに歩くことができなくてエライ目にあったけど、 
またひとつ、いい思い出ができました! 
[PR]
by maccha1020 | 2004-08-17 15:25 | 旅 岐阜

奥飛騨温泉郷の旅③

2日目
d0149663_14341480.jpg朝5時半、露天風呂へ!
標高が高いこの温泉、
朝の空気が冷んやりしていて
気持ちよかった!
しかも大きな露天風呂に
母と二人きり!
早起きした甲斐がありました!







↓↓↓旅館の庭園
浴衣姿のモデルは、母と私(;^_^A

d0149663_14355547.jpg
朝からボリューム満点の食事を頂いて、私たちは宿を後にし、高山へ向かいました。
d0149663_14381156.jpg
d0149663_14382294.jpg

高山の町並み
d0149663_143921.jpg

宮川朝市
d0149663_14393622.jpg

高山の街は、香ばしいいい匂いがします。 
見ると、そこらで、高山名物「みたらし団子」を焼いていました。 
1本60円。甘いタレじゃなく、ただ、しょう油をぬって焼いただけのシンプルなお団子、 
いつも甘タレのを食べ慣れてるので、ちょっと物足りない気もしたんだけど、
これはこれで美味しかったです!
d0149663_14402391.jpg


それから、白川郷へ向かったんだけど、途中でダム湖を発見!
d0149663_1441742.jpg
「御母衣(みぼろ)湖」と言うダム湖で、4つの村が沈んでいるのだそうです。
d0149663_14421627.jpg
ダム完成前に、二つのお寺の境内にあった2本の巨桜がこれ。 
ダム湖に沈むのを惜しむ人々の手によって、現在の湖畔を見下ろす高台に移植されたんだそうです。 
まるで、湖に沈んだ村々を見守るように、立っていました。
d0149663_14422557.jpg
この荘川桜、桜が咲くシーズンにもう一度行きたいな。

そして、白川村へ!
d0149663_14435892.jpg
車を止めて、橋を渡ると別世界!
茅葺きの古い合掌家屋が建ち並ぶ風景は、昔の日本のまま。 
タイムスリップしたみたい・・・と思いきや、ほとんどがお店や資料館になっていました。 
でも、ホントに生活をしているお宅もたくさんあってびっくり。
d0149663_1445108.jpg

国指定重要文化財になっている木造5階建の合掌家屋家は、1820年代のもので、
白川郷の代表的な合掌造り。 
中は白川郷の衣食住に関する様々な資料を展示公開しているらしく、
昔の生活を垣間見ることができるとか・・・。
私も見てみたかったんだけど、何しろ足が痛くて、5階まで上がる勇気無し(;^_^A
d0149663_14481167.jpg

d0149663_14483690.jpg
d0149663_14484513.jpg
d0149663_14485973.jpg
d0149663_1449935.jpg
d0149663_14494697.jpg
d0149663_14495633.jpg
この集落を一望できる展望台もあったんだけど、これもあきらめ、
一回りしただけで帰ってきちゃいました。
(昨日滝を見に歩いたおかげで、筋肉痛だったのだ~~!!)
ここへは、もっとまともに歩ける状態の時に、もう一度訪れてみたいな┐('~`;)┌ 

奥飛騨温泉郷の旅 完
[PR]
by maccha1020 | 2004-08-16 14:52 | 旅 岐阜

奥飛騨温泉郷の旅②

それから、奥飛騨温泉郷に向かい、まずはチェックイン!
本日お泊まりの宿は、生粋源泉かけながしの宿、「平湯館」
d0149663_1411447.jpg

 
大きな旅館でした。部屋も16畳もあって広々。テレビも21インチが2台!!(#O_o#) Wao!!
d0149663_1416834.jpg
旅館の前には、通り掛かりの人が自由に飲める温泉、蓬来の湯がありました!
d0149663_14171137.jpg
d0149663_14172573.jpg
 
湯は、胃腸にいいそうです!

そして私たちは、平湯温泉を散策しに出かけました! 
近くに日本の滝100選の「平湯大滝」があるとのこと。 

平湯大滝公園
d0149663_1419728.jpg
公園の入口からシャトルバスも出ていたけど、せっかくだから歩くことに・・・。
d0149663_14194395.jpg
平湯大滝公園から歩くこと、10~15分で、平湯大滝へと到着!
d0149663_14205048.jpg
飛騨三大名瀑のひとつで、日本の滝百選にも選ばれた平湯大滝
落差64m の絶壁から落下する水しぶきが、とても気持ちよかったです!
d0149663_14212236.jpg
 
公園内には、足湯がありました!
d0149663_14222053.jpg
地下数百メートルから汲み上げた源泉に、清らかな滝の水を混ぜた40℃の足湯に
のんびり浸かり、私もまったりしてきました!
d0149663_1422319.jpg

温泉郷では必ず見られる光景!
d0149663_14244071.jpg

途中で酒屋を見つけ、ビール、缶チューハイ、つまみを買って宿へ戻りました。 

それから、楽しみにしていた温泉へ♪
ここ奥飛騨温泉郷 平湯温泉「平湯館」 は、常にお湯をかけ流しにしている天然の温泉。 
そう言えば、駐車場でも亀裂からもお湯がわき出ていたっけ。
 
内風呂である檜のお風呂には、「ぬるめ」と「あつめ」の2つの湯があり、私と母はぬるめのお湯へゆっくり浸かり、痛む足をほぐしました。 
露天風呂も広くて気持ちよく、ホントに「極楽、極楽~」と言った気分。 
今何かと温泉が問題になっているけど、入浴剤入れていようが私は別に構わないし、
温泉の成分についても気にしません。 
1日そこら入ったところで効き目があるとは思わないし・・・。 
でも、湯上がりにびっくり!!身体中、お肌がつるつる・すべすべになってるんだもん。 
お肌すべすべ湯上がり美人!!それも、そのとき限りでしたが・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ)

そして夕食!メインは飛騨牛のしゃぶしゃぶと、ステーキヽ(^◇^*)/ 
お蕎麦や茶碗蒸し、とろろ麦ご飯に赤みそのお味噌汁がでてきました。
d0149663_1431426.jpg
d0149663_14311684.jpg

飛騨牛が美味しかったのは言うまでもないけど、とろろ麦ご飯もとっても美味しかったです!
平湯館のHP : http://www.hirayukan.com/
[PR]
by maccha1020 | 2004-08-15 13:59 | 旅 岐阜

奥飛騨温泉郷の旅①

夕べは遅くまでオリンピックを見てたので、結局なんの準備もできず、今朝慌ててしました。 
(デジカメの充電も、携帯の充電も・・・) 
フランケンは、バンダナ選びに忙しく、Tシャツに合わせて「1日目はこれがいいかなぁ、2日目はこれがいいかなぁ」と、鏡の前でぶつぶつ┐('~`;)┌ 
それでも、朝9時に両親がうちまで迎えに来てくれ、無事出発できました。 
 
雨を覚悟してたけど、朝のうちに上がり、一安心(さすが、晴れ女!(自称)) 
 
苦労してとった奥飛騨温泉郷の宿へ直行するのももったいないということで、 
乗鞍高原の3本の滝を見て歩くことに・・・。 
 
まず、番所大滝、どこも、滝までたどり着くまでが容易じゃなく、険しい道を延々と15~30分降ります。 

d0149663_13311050.jpg
滝までは駐車場から歩いて約5分・・・遊歩道はかなり急でした;^_^A
たった5分歩いただけなのに、動悸息切れ、それに膝が笑っちゃうくらい急・・・
d0149663_13315155.jpg
 
私の足は、最初の番所大滝の時点で悲鳴をあげていました。

それでも、水しぶきをあげている大きな滝を目の前にすると、疲れも忘れます。 
d0149663_13331458.jpg
 
落差40m 巾15m・・・三大滝のなかで最も大きな滝です!
ものすごい水しぶき!滝見台で、思いっきりマイナスイオンを浴びてきました!

そして次は善五郎の滝へ
d0149663_1334497.jpg
d0149663_133534100.jpg
d0149663_13354739.jpg

駐車場から歩いて15分。この橋を渡るとまもなく滝へ到着!
d0149663_1342507.jpg
落差30m、幅10m 善五郎が大岩魚に引き込まれそうになったという伝説が残る滝。
滝のそばまで行けるので、ここでもマイナスイオンをたっぷり浴びることができました!

そして、最後に三本滝
d0149663_13463013.jpg
駐車場から歩いて約20分で、吊り橋に到着!
d0149663_1351997.jpg
つり橋から下をのぞくと、小さな滝が2段になって流れ落ちているのが見えました。
d0149663_13481433.jpg
d0149663_13515564.jpg
d0149663_1352828.jpg
滝までの道はアップダウンが激しく、ここまで来るとかなりお疲れモード・・・(;^_^A

そして、歩くこと30分、やっと滝へ到着! まずは、一服!( -o-)y-~~~  
d0149663_1352414.jpg
d0149663_13541025.jpg
d0149663_13542410.jpg
d0149663_13543687.jpg
岩をよじ登ったところが、滝を見るベストポジション!
しぶきをあげている大きな滝を目の前にすると、疲れも忘れます。
d0149663_1354564.jpg

d0149663_13562952.jpg

d0149663_1357568.jpg
d0149663_13571858.jpg
d0149663_1357292.jpg

吊り橋は、長いけど高くはないので、揺らされても怖くないです!(^m^=)
d0149663_13581348.jpg

[PR]
by maccha1020 | 2004-08-15 13:24 | 旅 岐阜