カテゴリ:旅 奈良・京都( 14 )

突然ですが・・・

明日から、奈良・京都へ行ってきます(;^_^A 
 
先日、iseyaちゃんからお誘いを受け、悩んでいるところへ、今度は6歳と4歳のちびくんたちから、熱烈なラブコール(^m^=) 
 
「フランケンさん、まっちさん、一緒に大仏様と金ぴかのお城を見に行ってくれる?」と。 
 
お正月のTDR行きで、iseya家ファミリーとの旅行がいかに楽しいかは経験済み、 
しかも、奈良には前々から行きたいと思っていたし・・・願ったり叶ったりなお誘いだった。 
 
だけど、いかんせん急だったので、「行く!!」とは即答できず、でも、行きたい・・・と、私の中で散々葛藤あり。 
そこで、実家の母にちらっともらしたところ、「悩んどるくらいなら、行っといな。行ける時に、行っといた方がいいに!」 
と言う、母の一言で、決心!(^m^=) 
 
そして、その晩早速家族会議! 
フランケンが「お前さんが議題に出してきたっちゅうことは、もう半分以上行く!って決めとるんだろ?」 
よく、おわかりで(;^_^A さすがだね!! 
 
「オレの休みが取れりゃいいがな・・・オレも大仏見たいし、またあのあんちゃたちと行きたいしな!」 
 
それからはあっという間に話が進み、思い立ったら吉日!急遽明日から出かけることになったのです。 
いくらフットワークが軽いとはいえ、まさかこんなに早く行けるとは、私自身とってもびっくりしております(;^_^A 
昨日の今日で、iseyaちゃんよく宿とれたよなぁ・・・・ 
iseya家のちびっ子たちも「フランケンさんと一緒なら、ミッキーじゃなくて、大仏様を見に行ってやってもいいよ!」と言ってるとのこと(笑) 
 
きっとiseyaちゃん、すごいプランを練ってるんだろうなって思ってたら、思った通り、まるで旅行会社にでもお願いしたような、すごい行程表が送られてきました(笑) 
 
私も、前に京都へ行ったときは、結構しっかりプランをたてて行動したけど、もうそれ以上ですヽ(*^。^*)ノ 
すっごく楽しみ♪ 
 
それでは、遊ぶこととなるとパワー全開になる、iseya家とうちとの最強コンビで、「修学旅行リバイバルの旅」に行ってきます!! 
 
ちなみに、明日の朝8時には、もうすでに法隆寺にいる予定です・・・(^m^=)
[PR]
by maccha1020 | 2006-02-23 23:00 | 旅 奈良・京都

京都へ行ってきました②

今回泊まったホテルは公共の宿で、朝食付き1泊一人5000円! 
値段のわりに、大きくてきれいなホテルで、しかも朝食の和定食もかなり美味しかった。 
なんか得した気分♪ 
 
さて、二日目は京都駅から地下鉄に乗り(途中乗り換えあり)、まずは南禅寺へ! 
 
テレビでお馴染みのこの水路の前に、 
1本だけ真っ赤に染まったもみじの木がありました。 
 
今回唯一紅葉の見頃の木だったかもしれません(笑) 
 
南禅寺から5分ほど歩いて、次は永観堂へ・・・。 
もみじの永観堂と言われているほどだから、少し期待していったんだけど、 
紅葉はまだ3分ほどでした。 
 
でも、ちょうど「寺宝展」をやっていて、「みかえり阿弥陀如来像」を見ることができた。 
これには、フランケンも大喜び!! 
 
そして、今回京都の旅の最大イベントである「おたべちゃんとmocochanに会いに行こう!!」 
を実現するために、待合い場所の八坂神社へと向かった。 
途中でバス停を見つけるが、どのバスに乗ったらいいかわからず、 
庭のお掃除をしている、おばちゃんに訪ねたら、「八坂神社なら散歩がてら歩いて行ける距離ですよ」とのこと。 
 
で、ガイドブック片手に、また歩く・・・。 
結局40分くらいかかった。京都の人は40分も散歩するんか?(笑) 
 
八坂神社の前に来たとき、おたべちゃんからメール 
「着物とジーンズの変なコンビ」・・・(^m^=)  
いました、いました、着物姿のmocochanと、ジーンズ姿のおたべちゃん!! 
ネットで、いつも仲良くしてもらってるから、初めて会った気がしない・・・。 
 
早速、お昼を予約してくれてあったお店へ案内してもらった。 
そこはお豆腐専門のお料理屋さん「豆水楼」 
 
 
 
胡麻豆腐から始まり、湯豆腐、湯葉、もろみ豆腐、豆腐田楽・・・ 
ちりめん雑魚ののったご飯にデザートは、胡麻と豆腐のシャーベット。 
お豆腐づくしのヘルシーでとっても美味しいお料理をいただきました。  
 
阪神ファンのお二人に圧倒されてたフランケン(^m^=)  
ひろみさんや、サリーさんと会った時同様に、ついでに連れてったフランケンまですんなり受け入れてくれて、お二人には感謝です。 
 
「京都の人たちは、毎日湯豆腐を食べているのか」とか、 
「おでんや、カレーや焼き肉も食べるのか」とか、 
京都は、高級なあぶらとり紙が有名と言われれば、 
「京都の女の人には、脂性の人が多いのか・・・」とか、 
失礼極まりないフランケンで、本当に失礼しました(笑) 
 
会話はとぎれることなく続き、楽しいひとときを過ごした後は、 
おたべちゃんと、mocochanの案内で、高台寺へ。 
(ほとんど、mocochanの案内だったかなぁ・・・(^m^=) ) 
ガイドブック持たない観光はなんて楽チンなんでしょ! 
 
高台寺の紅葉もまだまだでしたが、ちょうど関西テレビの生中継をしていた。 
 
 
円さん、野々村さん、ももこさん・・・めったに見れない芸能人につい反応してしまったσ(^^*) 
でも、私だけかと思っていたら、mocochanもおたべちゃんもしっかり写真撮ってたみたい・・・(^m^=)  
 
それから、清水寺へと向かったが、あまりの人の多さに中に入るのは断念。 
前の日にチェックした「京都紅葉速報」でも、「清水寺はまだ紅葉していません!」って言い切ってたし・・・。 
 
改装したばっかりのこの門、どの紅葉よりも赤かったわ(-。-;)ボソッ 
 
中へ入らないかわりに、「抹茶パフェ」を食べに連れていってもらった。 
祇園にある行列のできるお店「小森」 
少し待って、通されたのはお座敷の部屋、雰囲気はバッチリ♪ 
 
私は、白玉パフェを頼んだ。 
これよ、これ!!おたべちゃんの日記にあったのを見てからというもの、どうしても食べてみたかったんだよね~!! 
 
抹茶ゼリーの上に、抹茶シフォン、その上にあずき、 
間には、白玉と、抹茶のお団子がたくさん入っていて、またその上には、 
バニラ、抹茶のアイスクリーム、アイスの上には抹茶がたっぷりとかかっていた。 
 
抹茶づくしのこの贅沢なパフェ! 
お味の方も、抹茶なのでそんなに甘くなく、これだけの量もあっという間にペロリ! 
おたべちゃんは、物足りなかったようだけど・・・(^m^=)  
 
フランケンの頼んだ、抹茶プリンパフェ! 
こちらもちょっとつまみぐい!!白玉に負けず美味しかった! 
 
このパフェ、一度は食べてみる価値あり!! 
 
おたべちゃんと、mocochanと一緒に過ごした楽しいひとときも、あっと言う間に過ぎて、 
いよいよ帰る時間に・・・(T^T) 
帰りは、バス停までお見送りに来てくれました。 
「このバスに乗れば、京都駅まで行けるよ」とmocochan。 
 
お二人様、本当にありがとう、お世話になりましたm(__)m 
 
それから、無事京都駅まで運んでもらって、名残惜しく思いながら、新幹線の切符を買った。 
ちょうど来た名古屋行きの新幹線に飛び乗り、帰りは座れたことほっとする。 
 
ほっとしているのも束の間、途中アナウンスが入る。 
 
「なぁ、次は名古屋駅って言っとるぞ・・・(-。-;)ボソッ 」とフランケン 
「なんで?岐阜羽島の駅は?」 
 
∑( ̄ロ ̄;)私たちは、各駅停車じゃない、のぞみに乗っていた・・・┐('~`;)┌ 
どっと疲れが・・・。 
 
頼んでもいないのに、名古屋まで連れて行かれた私たち・・・。 
でも、同じ料金で長く乗れたし、ラッキー!!(T^T) 
 
無事家にたどり着いたのは、9時半ころ・・・。 
 
mocochanやおたべちゃんに会えたし、新幹線にも乗ったし、地下鉄にも乗ったし、 
バスにも乗ったし、紅葉も少し見れたし、楽しい2日間の旅でした。 
 
翌日、痛い足を引きずりながら、出勤した私たちです・・・(^m^=)
[PR]
by maccha1020 | 2003-11-20 22:12 | 旅 奈良・京都

京都へ行ってきました①

前の晩は10時半までみっちりアンサンブルの練習、 
それから帰って旅行の準備をし、お風呂に入って、パソコン見て、 
結局布団に入ったのは、夜中1時すぎ・・・┐('~`;)┌ 
それからも、新幹線はちゃんと乗れるだろうか・・・ 
向こうへ行って、バスや電車で移動しなきゃならないことを考えると、 
なかなか寝付けなくて、すぐ朝がきた・・・。 
 
6時に家を出発、8時7分に岐阜羽島の駅へ到着。 
8時13分発の新幹線、「こだま」に乗ることができた。 
とっても順調o(*^ー ^*)o 
 
前の晩、行く気がなえるような大雨が降ってたけど、 
さすがは晴れ女σ(^^*)、京都へ近づくにつれ晴れてきて、気分は浮き浮き♪ 
座席がなくデッキに立ったままなのも、全く苦痛じゃない。 
 
あっという間に京都駅に着き、JR山陰線、嵯峨野嵐山行きを探す。 
9時半前には、嵯峨野に降り立っていた。 
と~っても、順調♪ 
電車に乗るなんて、何十年ぶりだろう・・・なんかすごく楽しい気分♪ 
 
バス停がわからず(笑)、最初の目的地である「大覚寺」まで徒歩で行くことに。 
徒歩20分。いろんな景色を見ながら、青空の下、ガイドブック片手にのんびり歩くのも、また楽しかった。 
 
紅葉はと言うと、紅葉はまだ青々としてたし、 
赤くなり出したもみじも、赤くなりきる前に枯れ始めていた(T^T) 
 
大覚寺~化野念仏寺~祇王寺~二尊院 
 
二尊院の紅葉は、きれいでした♪ 
祇王寺のもみじの絨毯も、見たかったなぁ・・・。 
 
普段ほとんど歩かない私たち、ゆっくりとはいえ、ここまで歩くとお腹は空き、足は棒に・・・。 
 
飢えを訴えだしたフランケンのために、お昼も兼ねて、常寂光寺手前にあるうどん屋さんで、一休み。 
 
卵ふわふわうどん。 
 
赤い傘の下で食べるのも、なんとなく乙でしょ♪ 
京都っぽくて(^m^=)  
 
 
 
 
それからも、私たちの徒歩散策はまだまだ続いて、落柿舎~清涼寺と見てまわった。 
だんだん股関節が痛くなりだしたが、それでも人力車やタクシーの誘惑に負けず、ひたすら歩いた。 
 
清涼寺から、渡月橋まで歩いちゃったもんね~!! 
とにかく座って、お茶したいというフランケンの願いを聞いて、 
どうせならおたべちゃんがよく食べているあの「抹茶パフェ」のあるところがいいと思い探すが、なかなかない。 
 
そしてやっとみつけた、和風パフェのあるお店。 
でも、なんか違う・・・(ー'`ー;)  
おたべちゃんとこで見た、あのパフェじゃない。 
これはこれで、美味しかったけどね。 
フランケンは、渋くお抹茶と桜餅で一服。 
 
それから、「まだ帰らんの?!」というフランケンの声を無視して、宝厳院へ・・・。 
 
ここは、もみじのトンネルで有名なんだそうだ。 
赤く染まっていればね・・・┐('~`;)┌ 
 
まだこ~んなに緑でした・・・(T^T)クゥ~ 
これが、真っ赤に紅葉してたら、綺麗だっただろうなぁ!! 
 
本日の観光はこれで終わり。 
時間は3時半・・・よく考えたら、6時間も歩き回ったんだよね。 
足も痛く、フランケンも無口になるわけだ(笑) 
 
しかし京都駅まで来たはいいが、朝荷物を預けたコインロッカーは何処???∑( ̄ロ ̄;) 
どこのロッカーに預けたか、わかんなくなっちゃったのである┐('~`;)┌ 
広い京都駅の中をぐるぐる・・・階段を上がったり降りたり・・・やっと見つけた時には喜びのあまり泣きそうでした(笑) 
 
それからまた地下鉄に乗り最寄りの駅から、歩くこと10分、やっとホテルへ到着。 
結局ホテルへ着いたのは、6時頃・・・。 
当たりは真っ暗で、この10分がやたら長く感じられたわ・・・。
[PR]
by maccha1020 | 2003-11-19 22:56 | 旅 奈良・京都

京都

日帰りで京都まで行ってきました。 
 
前から京都に桜を見に行きたいとは思っていたけど、まさか本当に行けるとは・・・。 
 
日曜日は絶対混むし、平日はお天気悪そうだしと、今年の京都行きはあきらめていた私。 
土曜日の晩も、明日は休みだし♪と本を読んでたりして、寝たのは午前2時頃。 
 
すると朝方電話が鳴った。時計を見るとまだ5時。 
寝ぼけながらでると、 
「お母さんだけど、お父さんが京都へ桜見に行くって。一緒にどう?」 
「はぁ?」 
「だもんで、これから京都に行くで、早く出といな。」 
 
行くなら行くで、昨日のうちに言ってくれぃ!! 
 
それから慌てて洗濯をして、デジカメの充電をし(これは大事)、 
寝ているフランケンを起こして支度をさせ、6時半前に家を出た。 
 
まず向かったのが嵐山、渡月橋。 
渋滞を乗り越え近くまで行くには行けたが、車をとめるところがない(ー'`ー;) 
母と私は、車から降りて先に観光に行くことにした。(なんてやつ) 
初めて行く渡月橋・・・。見渡す限り、人、人、人であふれていた。 
 
40分ほどして、車をとめてきたフランケンたちと合流して天竜寺へ。 
嵯峨野の竹林は、桜がないせいか人も少なく、とても静かだった。 
やっぱ京都はこうでなくちゃ!! 
 
せっかくここまで来てるのだからと、清水寺へ行くことに。(私が行きたいと言い張ったのだが・・・) 
ここもまたすっごい人。 
確かに、すごい人だろうなぁって思って覚悟して行ったけど、こんなにだとは・・・。 
二年坂や三年坂も歩いたが、石畳なんて人ばっかで見えやしない。 
円山公園にいたっては、押しくらまんじゅう状態で、あの有名なしだれ桜に近づくこともできなかった。 
 
桜を見に行ったんだか、人を見に行ったんだか・・・。 
私たちはもうヘロヘロになって帰ってきました。 
でも、家に着いたとたん母は、 
「じゃぁ、次回は紅葉の時にってことで」 
また行くんかい!!でもあんな人混みはもうごめんである。 
桜はとってもきれいだったけどね。 
 
次に京都へ行くときはもっとゆっくり、静かに見て歩きたい。 
 
途中何人かの舞子さんにも出会ったが、携帯で写真をとっていたりしてたし、 
きっとナンチャッテ舞子さんだろう。 
年配のおじさまと歩いていた舞子さんは本物だったのかなぁ。 
[PR]
by maccha1020 | 2003-04-06 20:57 | 旅 奈良・京都