in広島2日目ー平和学習

今回のツアーに、平和学習も取り入れてもらいました。

【原爆ドーム】・・・原爆の惨禍とともに平和を訴えるシンボルとして保存されています。
d0149663_11371682.jpg
d0149663_11295888.jpg


原爆の投下により、建物は一瞬にして大破し、天井から火を吹いて全焼、 
中にいた人は全員死亡したと伝えられています。 
爆風がほとんど真上から働いたため、壁の一部は倒壊を免れ、 
ドームの鉄枠とともに象徴的な姿をさらしました。 
そして、その形からいつしか「原爆ドーム」と呼ばれるようになりました


原爆ドーム前にあった説明文より 


りんちゃんも、平和学習中

d0149663_13214639.jpg

平和公園へ向かう途中、元安橋を渡っているときに振り返って撮った「原爆ドーム」 
近代的なビルの中に、廃墟と化した「原爆ドーム」がひっそりと立っています。
d0149663_13185850.jpg
橋を渡るとすぐ平和記念公園。 入園してすぐのところには「原爆の子の像」があります。
d0149663_13263298.jpg

この像は2才で被爆し、幟町中学校1年生の時白血病のため亡くなった佐々木禎子さんを記念したもの。 
鶴を千羽折ると願がかなうと信じ、「生きたい」と言う願いを込めながら薬の包などで鶴を折り続けたが、
その祈りもむなしく亡くなったそうです。 
今でも、各地から千羽鶴が送られて来ているそうで、周りには、たくさんの千羽鶴が捧げられていました。 
ブロンズ像の下には、「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」と書かれた石碑があります。

「原爆死没者慰霊碑」(広島平和都市記念碑) 
d0149663_13363235.jpg


碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と書かれています。
中央の石室には、国内外を問わず、亡くなった原爆被爆者の名前を記帳した原爆死没者名簿が納められているそうです。

慰霊碑の向こうには、原爆ドームが見えました。


被爆した「アオギリの木」

d0149663_1429141.jpg
被爆し、熱線と爆風により幹の半分が焼けたアオギリは、75年間草木も生えないだろうと言われていたにもかかわらず、翌1946年の春に芽吹いたそうです。
原爆の悲劇にも負けず息を吹き返したアオギリは、当時絶望の中にいた人々に生きる希望を与え、現在もその傷跡を包むようにして成長を続けています。隣には、アオギリ2世もすくすくと育っていました。

広島のねがいはただひとつ せかい中のみんなの明るい笑顔 アオギリのうたより

「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」
d0149663_1611247.jpg
モニュメントは、「8時15分」をさしています。
d0149663_1613246.jpg
こちらでは、被爆者やその御遺族などによって記された体験記や追悼記や、原爆死没者のお名前や遺影が公開されています。
Mammyさんのお父様やおじさま・おばさまのお名前と遺影もありました。

体験記閲覧室で、Mammyさんのお母様の証言ビデオを、情報展示コーナーでは、平成20年度企画展「しまってはいけない記憶-水を求められて」が行われていて、数名の方の体験記を見させていただきました。

平和記念公園内にある、空高く吹き上げている噴水は、「水を水を」といって亡くなった人々の靈に捧げられているんですね。
d0149663_17135234.jpg
そして、この美しい川も・・・。
d0149663_17385515.jpg
しまってはおけない記憶がある  しまってはいけない記憶がある戦争や被爆体験をされた人たちがだんだんと減っていく中、また同じことを繰り返さないように、戦争を知らない私たちの世代に、その次の世代にも、きちんと言い伝えていくために、こういった体験記はとても貴重なものだと思います。




d0149663_1717142.jpg

ちちをかえせ ははをかえせ  としよりをかえせ こどもをかえせ
わたしをかえせ わたしにつながる にんげんをかえせ
にんげんの にんげんのよのあるかぎり
くずれぬへいわを  へいわをかえせ

 
この碑、前回訪れたときに見つけられなかったので、Mammyさんに聞いてみました。
すると、「ここにはないよ!」とのこと。(きっぱり、はっきりと、Mammyさん即答!)
そっか、平和公園にあるんじゃないんだ・・・とあきらめたそのとき、ゆうゆうさんがパパさんに同じ質問をしていた。
するとパパさんは「そこにあるよ!」って・・・。振り返ったらホントにそこにあるではないの~!!
まっMammyさ~~~ん!!(^m^=)

d0149663_1736432.jpg


広島の街には、いたるところに原爆の痕が残っています。Mammyさんご夫妻に案内してもらいました。

爆心地であった、島病院跡地

d0149663_17452843.jpg

 「テニアン島から飛来した米軍機B-29「エノラ・ゲイ号」によって人類史上最初に使用された
原子爆弾はこの上空約580mで炸裂しました。
爆心直下となったこの一帯は約3000℃~4000℃の熱線と爆風や放射能を受け
ほとんどの人々が瞬時にその生命を奪われました。
時に1945(昭和20)年8月6日(月)8時15分のことでした。」
原爆被災説明板より
原爆は島病院の上空で、爆破。 
建物は瞬時に壊滅し、約80人と推定される患者・看護婦などの病院内にいた人は全員が亡くなり、姿は跡形もなかったとか・・・。 思わず手を合わさずにはいられません。
d0149663_1745572.jpg


旧日本銀行広島支店

d0149663_17475620.jpg

爆心地から南東わずか380mの近距離で被爆しながらも、倒壊を免れ、現在でも建築当時の姿をほぼそのままに残している。 

「袋町小学校平和資料館」 被爆した国民学校

d0149663_17481978.jpg

壁面に被爆者の消息を知らせる多くの方々の「伝言」が残されていました。
原爆により被害を受けた後、被爆者の避難場所や救護所となっていたそうです。戦後学校が再開されるときにこれらの伝言はしっくいで塗り込められ、それが、老朽化により建物が取り壊されることになったとき発見されたのだそうです。

ベーカリーショップ「アンデルセン」 旧三井銀行広島支店

d0149663_17484527.jpg

 
しまってはおけない記憶がある  しまってはいけない記憶がある

平和学習、多くのことを感じること・考えることができました。
案内してくれたMammyさんご夫妻に感謝です。
[PR]
by maccha1020 | 2008-12-03 23:58 | 旅 広島


<< in広島2日目ーサミット開催 in広島2日目ー会いたかったよ~! >>