ソフトクリーム食べ歩き♪

この間、フランケンと実家の母と3人で、木曽方面へドライブに行ってきました!
清内路を越えて行き、まず最初に寄ったのが、道の駅「大桑」!!この国道19号には、道の駅がたくさんあるのです。

ここにはパン工房があり、焼きたてのパンを売っていたので、とりあえず朝食!!
そして、食後の後には、やっぱりデザートを食べないとね!
d0149663_13403336.jpg
朝の9時前ですけど、なにか?

本日ひとつめは、山ぶどうソフトクリーム(*^m^*) ムフッ 木曽路限定ってとこが魅力的♪
クリームとシャーベットの中間のような食感!
すっきりと甘さ控えめ、このボリュームにも満足!!これで、280円は良心的だと思う!

さて、どこへ行こうか・・・ドライブ言い出しっぺの母は、「連れてってくれるならどこでも!」って、言ってるし・・・。

そこで、まだ一度も行ったことのない、赤沢自然休養林へ行ってみることに。
d0149663_14125853.jpg

d0149663_14153665.jpgここは、日本の森林浴発祥の地で、樹齢300年を越える美しい木曽ヒノキの森が広がっています!
森林セラピー基地にも認定されているそうです。

入口では、可愛いワンちゃんが出迎えてくれました!

ヒノキ・・・私のアレルギー喘息がちょっと心配だったけど、
薬も飲んだし、大丈夫かな・・・(;^_^A

いろんな散策ルートがあるみたいなんだけど、よくわからないので、渓流に沿ってとりあえずまっすぐ突き進んでみました。

d0149663_14241811.jpg
d0149663_14292588.jpg
水は澄んでいて、とってもきれい! 「冷たくて、気持がいいぞ~~!」と、手で川の水に触れているフランケン・・・。
このままでは、靴を脱いで川に入って行きかねないので、さっさと先に進むことに・・・(^m^=)
d0149663_14572169.jpg

私たちのとった「ふれあいの道コース」は遊歩道があり、比較的平坦で歩きやすいコースとなっていました。

d0149663_15102347.jpgところどころに休憩場所があり・・・
あずま屋も、ちゃんと自然をこわすことなく作られています!

d0149663_15162191.jpg














遊歩道から、渓流へ降りることも可能。

森の中には、森林鉄道が走っています!
d0149663_15201830.jpg

水芭蕉や、淡いピンク色でツツジにも似た「アカヤシオ」と言う、可愛らしい花も咲いていました。
d0149663_15261754.jpg


d0149663_15302889.jpg鮎のつかみ取りをさせてくれるところも・・・。
なかなか元気の良い鮎で、子供達は親御さんの声援を受けながら必死!

お兄ちゃん、大成功!やったね!(*^ ^* )V

d0149663_15335827.jpg








d0149663_15384065.jpg
その場で焼いて食べさせてくれると言うので、私たちも1匹ずつ食べてきました!
豪快に、かぶりつきで!身がホクホクしていて、めちゃウマでした!(*^ ^* )V

 食後にはやはり、ソフトクリーム!!
 この地でしか食べられないと言う、「オオヤマレンゲソフトクリーム」です!
 赤沢に咲く天然のオオヤマレンゲの甘い香りをブレンドしてあるそうです!
 光の加減で、ちょっと白っぽくなっちゃったけど、実際は少しピンク色をしていました。
 とてもまろやかで、クセのない味でした。
 バニラソフトと、そんなにかわらないかも・・・(-。-;)

d0149663_166938.jpgちなみにこれが、オオヤマレンゲの花

赤沢を代表する名花。
この時はまだ咲いていませんでした!
6月下旬~7月中旬に咲くそうです。




鳥のさえずりを聞きながら、のんびりと森林浴を楽しんだ私たちは、19号線を更に北上(アテもなく・・・(;^_^A )

ついた先は、道の駅「木曽ならかわ」
d0149663_16332988.jpg
ここの名物、さるなしソフトクリームを食べてみました!(本日3つ目・・・``r(^^;)ポリポリ)
d0149663_16343017.jpg
濃厚なミルクソフトに、「さるなしジャム」がトッピングされています!
キウイフルーツに似た、程よい酸味のあるジャムで、とても美味しかったです!
さるなしと言う実には、ビタミンやミネラルなど、とても多くの栄養素が含まれているんだって!

ここで、さるなしワインを試飲させてもらったり、展示されている漆器を眺めたり、かなりの時間を費やし、ようやく帰路へついたのでした。
[PR]
by maccha1020 | 2008-05-23 23:54 | お出かけ・信州


<< チューリップの種類 我が家の庭 >>