ヒマラヤの蒼いケシ

南信州にある大鹿村へ、幻の花と言われている蒼いケシの花を見に行ってきました!!
d0149663_14412392.jpg
原産地は、標高5000mのヒマラヤ山脈やチベット、ミャンマーで、「幻の花」と言われるほど栽培が難しく、
夏の気温が25度を超えず、適度な雨が降るなどの条件が要求される、高山植物だそうです。
大鹿村では標高1500mの大池高原「中村農園」で、約1000株程のこの蒼いケシの花を見ることができるんだって!!

昨年、実家の両親が行って写真を見せてくれたときから、私も見てみたいなぁって思ってたので、
見頃とお休みとお天気がちょうど重なってよかった!ヽ(*^。^*)ノ

 でも、到着するまでが大変で・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 まずは、こんなくねくね道を30分ほど延々と通り・・・。


 そして、大鹿へ入ってからは、
 どんどん道が狭くなり、
 対向車とのすれ違いも大変!!

 道は相変らず曲がりくねっているし、
 久しぶりに、車酔い・・・┐( ̄ヘ ̄)┌



 大池高原!標高1500m
 ここまで来ると、空気も
 ヒンヤリと爽やか!!

 大鹿村へは初めて来たけど、
 こんなにいいところだったんだね!

 家を出てから約1時間半!
 ついに中村農園へ到着!!

 駐車場もきちんとあり、車を降りたとたん、係りのおじさんが、
 「遠いところを、ようこそ!!良く来てくれたね~!」って!!
 ホントに遠かった・・・(;^_^A
他に止まっている車を見ると、浜松・名古屋・湘南・大宮・千葉などなど、他県のナンバーがいっぱい!!(#O_o#) Wao!! 
こんな遠くまで、わざわざ見に来られるなんて、ヒマラヤの蒼いケシ、大人気なんだなぁ。
確かに、ヒマラヤへ見に行くことを思えば、近いけどね(^m^=)

  

品種は「メコノプシス・グランディス」鮮やかなスカイブルーでとっても綺麗!
神秘的なこの色は、「ヒマラヤンブルー」と、形容されているそうです!

  

 

他にも黄色いケシの花「メコノプシス・カンプリカ」や、紫色で少しこぶりの「メコノプシス・ホリデュラ」も咲いていました。
↑一番右のは、「西洋おだまき」

 ケシの花を楽しんだ後に、近くにあるレストハウスへ寄ってみた。

 そこで、ソフトクリームの看板を発見!!
 でも、バニラ・抹茶・さくらと、普通のしかなかった・・・残念
 せっかくだし、「ケシの花ソフト」とかあったらよかったのに!!
 「大麻入り!常用タイプ!!一度食べたらクセになり、
 絶対にまた食べたくなります!!」
 みたいな・・・シャレにならんか・・・(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

d0149663_14373142.jpg


今日は霞んじゃっていて見えなかったけど、本当なら、駒ヶ岳なんかもきれいに 見えるらしい!!

 

ここで私たちは、ここの名物だと言う、 「大鹿そば」を食べた!!
蕗の葉や、やぶれがさ、はんごんそう、うど、三つ葉などの山菜の天ぷらやワラビがのっていて、とっても美味しかった。
 
このメニューは、山菜の採れる今の時期しかおいてないんだって!
そばも手作りだそうだ。 もし、行かれる方がいらしたら、ぜひどうぞ!!

こちらにも、UPしました!!
[PR]
by maccha1020 | 2007-06-17 22:27 | 信州の風景(春)


<< 米寿のお祝い旅行① 歓迎会 >>