立山・雪の大谷

夕べ、夕方6時、実家の両親たちに拉致されました!(;^_^A
何日か前、母から電話があり、「黒部の雪の壁見に行く?」って。
立山・雪の大谷へ一度行ってみたかったので、二つ返事で「行く!行く!」って言ったものの、
まさか、前日の6時に出るとは・・・(;^_^A

総勢10名・・・母の姉弟夫婦と私たち、北海道へ行ったときのメンバー!
私たちが拾われたあと、岡谷の叔父・叔母のところへ!
叔母が、筍ご飯など夕飯を作ってくれていたので、上がりこんでちょっとした宴会が始まった!
そして8時半、岡谷を出発!
行く道中、少しは寝られるかと思いきや、とっても元気な伯母たちは、しゃべりっぱなし!
そうだった・・・これは北海道へ行ったときに経験済みのはず・・・┐('~`;)┌

安房峠を通り、富山入り!立山駅の駐車場へ着いたのは、深夜1時ころだった。
とにかく寒い・・・持ってきた毛布にくるまり、車の中で仮眠をとることに・・・。

でも、一番最初に寝付いた伯父のいびきがすざましく、誰一人として寝られず、朝を迎えることとなった・・・(ー'`ー;)

朝4時半、車の中で用意してきた朝食を食べる。
そして、お手洗いに行き、顔を洗って歯を磨き、出かける身支度!

 朝5時の立山駅・・・まだ誰もいません。

 早くに来た甲斐があったと言うもの!
 チケット売り場、一番だった!
 立山駅から、室堂まで往復チケットは4190円!

 AM6:00の始発のケーブルカーに乗ることができた!





1.3km、標高差およそ500m(かなりの急勾配)を一気にのぼり、
立山駅から約7分で、美女平駅に到着! 

美女平駅からはバスに乗り換え、室堂まで約1時間のバスの旅。

少しは寝れるかな~って思ったけど、景色を見るのに夢中で
寝る暇がなかった。

 

だって、車窓からはこんな景色が広がっているんだもん!
d0149663_17364535.jpg

全く飽きることなく景色を眺めているうちに、あっと言う間に1時間が経ち、室堂駅へ到着!



 駅の出入り口は、3階になっていた。
 
 夏に来たときとは、全く違う景色!
 駅前に、国立公園「立山」石碑が あったはずだが、
 どこにも 見あたらない・・・。

 標高2450mの室堂はすっぽり雪の中に埋まっていた。


 
 ↓の景色も、同じ場所なのに夏とは全く違う!!

 

立山連峰は世界でも有数の豪雪地帯で、長い冬の間には多い年で20mもの雪が降り積もるそうだ!
d0149663_17532781.jpg


 

この時点でAM7:10、日差しが雪に反射して、まぶしい~~!!
一面に広がる雪景色、それに青い空!!
フンケン、駆け出して行って、大の字に寝っ転がりたくなるのも無理はない!(笑)

この人間のちっぽけさと言ったら・・・(^m^=)
 

 
↑私のお連れ様たちです(〃'∇'〃)ゝ

 

標高2410mの日本で一番高いところにある温泉「みくりが池温泉」が見えてきた!
夏とは全く違う景色!まるで別世界!!

しっかりお風呂セットを持ってきたのに、受付時間AM9:00~だって。
後1時間半もある・・・この後、行きたいところがあるらしい伯母たちが「そんなに待てない!」と言うので断念。
私たち2人だったら、絶対に入って来たのにな~!“o(><)o”
「雲の上の温泉」と呼ばれている温泉入って見たかった(T^T)

 でも、喫茶店はやっていたので、珈琲の飲むことに!!
 そこで、ソフトクリームを発見!
 「朝8時前から、ソフトかよ!」と呆れてる人々をよそに、購入!
 生ブルーベリーソフトだって!!

 でも、一口食べたところで悲劇が!!
 すごく美味しかったので、
 「フランケンも食べる?」って、歩きだしたところで
 滑ってバランスを崩し、その拍子にクリーム
 全部落としちゃった。

 自分が悪いので、泣くに泣けん・・・(T^T)ウック!

でも、上っ面だけは大丈夫だでと、すくってフランケンにあげました!(笑)
一生懸命すくっているとこ、そこにいた他の観光客の方達にも、写真を撮られちゃいました。
「こっちを向いて~!」って、言われたので、にっこり笑ってピースしてさしあげたわ~!

 出来たての温泉玉子も美味しかったです!
 熱くてなかなか殻をむけない、フランケンの図!









続く・・・  
[PR]
by maccha1020 | 2007-04-30 20:15 | 旅 黒部アルペンルート


<< 立山・雪の大谷② 花桃の里 >>