in四国3日目②・・・小豆島

二十四の瞳映画村

私は子供の頃から、壺井栄の「二十四の瞳」小説が大好きで、
d0149663_12574480.jpg
何度読んできたことか。
映画も田中裕子主演のも2~3回(TVで)見たし、何年か前、黒木瞳さんが大石先生役をやったのも見た。
(音羽信子さんが大石先生役をやられたのも見たような気がするんだけど、これは記憶違いかな(;^_^A)
なので、ここはぜひ一度訪れてみたいと思っていた場所だ!

 

「二十四の瞳」の主人公の大石先生と12人の教え子たちの銅像「せんせ あそぼ」の周りには、コスモスが満開!
紅葉に時期に合わせて咲かせたんだとか・・・。
思わず私たちもじゃんけんに加わってきました(^m^=)
 
 


昭和62年田中裕子の主演で映画化されたときに使われた「岬の分教場」
昭和29年高峰秀子主演の時の舞台となった分教場は、
別の場所に保存されていた。
(昭和46年まで実際に使われていたんだって)
分教場の前には竹馬が!!「懐かしい~~!」と言いながら
ひょいひょいと乗り回す父に比べ、
一歩も乗ることができなかったフランケン、ちょっと悔しそうだったな(^m^=)


教室の中・・・
「呼ばれたら大きな声で返事するんですよ。岡田磯吉くん!」
と言う、おなご先生の声が聞こえてきそう!(ソンキ役:フランケン)

 

片隅には古ぼけたオルガンが・・・誰もいなかったので、猫ふんじゃったを弾いてみたけど、ちゃんと音がでたよ!

  
 ←左:昭和初期のボンネットバス

 →右:黒木瞳さん主演のドラマ「二十四の瞳」
 の撮影に使われたボンネットバス。 
 現在、岬の分教場~二十四の映画村の間を
 無料運行しているらしく、
 実際に走っているところを見ることができた。



d0149663_1320930.jpg
岬の分教場の前から見た瀬戸内海
                      
分教場の中には、田中裕子さん主演のときの撮影風景が、たくさん展示されていた!
ダンナさん役が、武田鉄矢さんだったのにはびっくり!全く印象に残っていなかった(;^_^A

戦後、岬の分校に復職した大石先生の歓迎会が、当時の教え子たちによって開らかれたところで小説も映画も終わる。
五人いた男の子のうち三人は戦死、女の子も一人は肺病で亡くなり、一人は行方不明・・・
戦地で失明した岡田磯吉が、以前みんなで撮った写真を手に取り、「私には、この写真、良く見えるのです」と写真をなぞっていく。
「これが大石先生、これが、・・・・」
1人1人指さして言い当てているシーンは、何度見ても感動的だ!

パネル写真を見ていて、久しぶりにまた小説を読みたくなった。

二十四の瞳映画館を後にした私は、マルキン醤油記念館へ行へ向かった。
途中でソフトの看板を見つけ、パパさん(Mammyさんのダンナ様)に車を止めてもらう(;^_^A

 タケサン記念館 小豆島佃煮の郷「一徳庵」・・・ 
 醤油と佃煮のお店だった。
 「もろみソフト」小豆島で一番新しい、ご当地ソフトクリームなんだって!

 よく見るともろみの粒が入っていた!
 味は、確かに「もろきゅう」の味・・・(^m^=)
 でも、ベースがバニラなので、食べやすかった。

 思いがけないソフトに出会って、大喜びの私をよそに、
 お土産にと、佃煮を買いまくる母(^m^=)

 どれだけ、檀家がいるんだろう・・・(;^_^A

 


マルキン醤油記念館
車を降りたとたんに、醤油の香りが漂ってきた!

大正時代初期に建てられた木造合掌造りの「しょうゆ蔵」を改造した館内には、巨大な桶や古い醸造用具やマルキン醤油創業当時の資料や広告・宣伝の歴史、醤油造りの工程を説明したパネルなどが展示されていた。

割引券があったので160円で入館。
入り口で、それぞれにお醤油を記念にって1本くれたよ!
なんか、とっても得した気分♪ヽ(^◇^*)/ 
 
 
マルキンの醤油ソフトは、昨日金比羅さんで食べたから、ここではパス!

次に寄ったのが「つくだに屋さん2号店」

ここで、佃煮ソフトをゲット!
ハート型をした昆布の甘煮が添えられいた!
佃煮味のソフトなんて想像できなかったので、期待大!(^m^=)

一口食べると、シソの風味が口の中に広がり、ほのかに昆布の味もした!
シソ昆布の煮汁が練りこんであるんだって!!
かなり面白い味だ!!しかもさっぱりしていて美味しい♪

ここでは、ごはん1杯100円で佃煮の試食ができるらしい。


 次は道の駅小豆島オリーブ園

 小豆島のシンボルオリーブ!
 小豆島が日本のオリーブ発祥の地だそうだ!
 見渡す限り、オリーブの木!!
 オリーブの木なんて、初めて見たよ!
 黒い実がた~くさんついていた!!





ここでは、Mammyさんおすすめのオリーブソフトをゲット!

クリームにオリーブの葉っぱ(リーフ)を粉末にして混ぜ、
緑の色をつけるためにクロレラを加えて仕上げたという、
まるで健康食品のようなソフトクリーム!
オリーブリーフ(葉)には、鉄分、カルシウム、ビタミンEなどが含まれてるって言うからね!

オリーブの香りとともに爽やかでフルーティーな風味、とっても美味しかった!
この時点でこのソフト、私の中では黒部ダム湖の山いちごのソフトクリームをしのいで、第一位になったよ!
[PR]
by maccha1020 | 2006-11-25 22:32 | 旅 四国


<< in四国3日目③・・・小豆島~岡山 in四国3日目①・・・小豆島 >>