ミスター

d0149663_15255321.jpg
背番号「3」の記憶

かつてこれほど笑顔の輝く人がいただろうか?

彼の飛躍は、緑の大地を揺らし
彼の疾走は、青い風を竜巻にかえる
彼の肉体は、赤い磁石のように少年たちの瞳を釘付けにした

全ての背番号の中で「3」という数字は、
心の太陽だった
賛美であり、燦々であり、賛歌であり、
サンキューでもあった
「3」は、底抜けに明るい、すべての感情の表現だった

かつてこれほど笑顔の似合うプレイヤーがいただろうか
かつてこれほどグラウンドを照らしたプレイヤーはいただろうか
かつてこれほど白球を、輝かせたプレイヤーはいただろうか

僕たちは、永遠に「あの日」の少年にかえる
長嶋茂雄とともに                 (背表紙より)

d0149663_15273127.jpg


ミスターの文化功労者顕彰記念にあわせ、特別予約販売された記念切手が出てきた。
以前、フランケンが注文したやつだ。
d0149663_15301749.jpg


1974年に現役引退と言うから、長嶋さんの現役のころのことを私はよく覚えていないけど、
フランケンは少年時代から大ファンだったらしい。
子供の頃から使っているグローブには子供の字で「3」と、マジックで書いてあるのが笑える(^m^=)

フランケンに切手収集の趣味はないのに、これは欲しかったみたい。

これと一緒こんなチラシ&振り込み・注文用紙も残っていた(;^_^A 

切手購入者の皆様、限定スペシャルプライス
長嶋茂雄フィギュア 「背番号3の記憶 ~魂のフルスイング~」・・・31,500円を、特別価格25,200円!

  

肉体に宿る魂を写し取ったかのような、精巧に作られたフィギュア。
バッティングフォームはもちろん、筋肉の動き、バットに入った背番号など、細部にまでこだわりが光る・・・

ヾ(--;)ぉぃぉぃ、フランケンに見つからんうちに、振り込み用紙、捨てとかにゃ・・・(;^_^A
[PR]
by maccha1020 | 2008-03-07 15:35 | 日常


<< 野猿公苑⑥ じゃれ合う子ザルたちの巻 期間限定品 >>