アンサンブルコンテスト

夕べ、急に寒気がし出して、そのうち節々やら、脇腹の下あたり、下っ腹、腰と次々に痛くなりだし、熱を測るといきなり38.6℃・・・。 
ヾ( ̄o ̄;)オイオイ、明日はアンコンなのに(ー'`ー;) 
 
普段なら38.6度ごときじゃ大騒ぎしないんだけど、 
最近どうも自然治癒する力が衰えてるし、このまま早くに寝ても治る保証はない・・・。 
明日までにはどうしても熱を下げてもらわないと・・・と、夜間緊急医へ行ってきました。 
 
そしたら、「腎盂炎」と診断されました。 
確かに、咳も鼻も出ないし、下痢もしていないし、扁桃腺も腫れていない・・・。 
「水分をたくさんとってください。」と言われ、腸から尿管に入った菌を殺すという薬をもらって帰ってきました。 
で、腎盂炎て何?初めて聞く名前で、そのときは単純に「あ~~風邪じゃなくてよかった」と思ったのでした。 
咳や鼻水が出たり、下痢してたりだと明日吹けないもの!! 
 
相変わらず、身体は震えるものの、薬を飲んで早くに寝ました。 
翌朝には、すっかり熱も下がり・・・ちょっとお腹が痛かったけど、それでも熱さえ下がればこっちのもの!! 
楽器・楽譜・衣装・靴・デジカメと荷物の最終確認をし、9時ちょっと過ぎにユカピーさんとうららくんがお迎えに来てくれて、フランケンの「頑張ってこいよ!」と言う声援を受け、いざ出発!! 
辰野のパーキングで、ばたちゃんを拾い、松本へ・・・。 
 
今年は40団体中、34番目と出番が遅いため、会場近くの公民館をお借りして、練習することに。 
なんと、コンテスト前なのに1週間ぶりの練習なのだ・・・。しかも当日・・・。 
もちろん、メトロノームも一緒(^m^=) 
午前中1時間くらい練習して、近くのファミレスへ行って昼食。 
出番が5時近くとあって、みんなまだまだ気楽・・・食べる食べる(^m^=) 
サラダバーを注文したユカピーさんが、山盛りによそってきたサラダを、4人でつつく・・・ 
(お客さん、そういう食べ方はやめてください(-。-;)ボソッ) 
ポテトと明太子、マカロニとツナのサラダが美味しかった~!! 
 
そこで、かなりくつろいだ私たちは、再び公民館へ・・・。そしてまたメトロノーム氏に付き合っていただいて、練習。 
 
会場に向かうにつれ、だんだんと緊張感が漂い始め・・・とにかく、今までやってきたことは全部出そう!!と自分に言い聞かせる。 
衣装に着替え、鏡の前で最終チェック。やっぱり見た目は大事!!(^m^=) 
 
そして、本番・・・ハプニングはありましたが、無事終了。 
d0149663_14585791.jpg
 
今年は、参加締め切り直前に曲を変え、3分ちょいと短い曲(普通、コンクールにはもって来ないような)を、演奏した私たち。 
一時は、参加することも危ぶまれたので、ステージに上がれただけで嬉しいのに、「金賞」をいただいて、もうメンバー大喜び!! 
(ダメ金・・・「笑ってこらえて」の吹奏楽の旅で知ったんだけど、今高校生の間では、金賞はとったけど、代表にはなれないのを、ダメ金って言うんだってね。) 
 
N先生からも、「あの曲で金は見事です」とコメントをいただきました!! 
 
審査員の先生の中には、 
「音の1つ1つに艶があり魅力的な音色を持ったグループですね。 
4人の音色も統一されており音量バランスもとても良かったです。  
しかし、1つとてももったいないのは、これだけの技術がありながら曲が今一つ「すごい」曲でなかったこと。  
これだけ吹けるのなら恐いものはないと思うのですが。」 
と、ジャッジペーパーに書いてくださった方もいました。 
 
怖いものはたくさんあるのよ~~~! 
年々衰えていく体力・・・動きの鈍くなる指・・・思考能力・・・そして、ななっちの体調などなど・・・(-。-;)ボソッ 
 
でも、これからもまた、頑張れる気になりました。 
愉快なメンバーと共に、無理なく私たちのペースで、楽しみながら活動して行きたいと思います。 
 
ユカピーさんが書いた「音山野日記」 も、ぜひ読んでくださ~い!! 
[PR]
by maccha1020 | 2005-01-23 14:56 | 音楽活動


<< ふらのチーズケーキセット フランケンの大イベント >>