フランケンの大イベント

今日はフランケン、耳のしこりを取る手術の日。 
 
私も便乗して休みをとろうかなって思ってたんだけど、ちょうど締め日だし、手術も局部麻酔でちょちょいのちょい! 
だって聞いてたので、「まっいいか」と、休みをとったフランケンを家に残し、私は仕事へ・・・。 
 
でも、AM10:00頃、フランケンから仕事のFAXが入る・・・。 
どうやらお客さんに呼び出されて、会社まで出てきたらしい。 
そして、1時ぎりぎりに病院へ向かったフランケン・・・。 
 
その後、すっかり手術のことは忘れて仕事をしていると、3時頃フランケンから電話。 
「今終わった・・・」 
「どうだった?」 
「どうも、こうも・・・最悪だ・・・(-。-;)ボソッ」 
 
なんでも、麻酔が効かなくて、途中2度ギブアップして、麻酔を足してもらったにもかかわらず、痛くて痛くて、 
しかも、耳元の手術なので、ジョキジョキ切る音や、針を刺して縫う音などなど色んな音が聞こえたらしく、 
首筋に血の流れる感触もあったみたいで、精神的にも参ったらしい。 
血圧も下がり、途中で何度も吐きそうになったとか・・・。 
 
手術は終わったけど、頭はふらふらするし、歯は全部浮いちゃってるし、耳は痛いし、気持ち悪いしで、 
すぐ運転することもできず、車の中で休んでるところだって。 
 
「じゃぁ、なるべく早く帰るから」と言うと、「なるべくゆっくりでいいぞ。俺のことは放っておいてくれ」だと! 
 
私が家に帰ると、フランケン、瀕死の状態でおりました。 
しゃべっただけでも痛いらしい・・・。 
Tシャツの襟元が血だらけなのも、痛々しい・・・。 
 
夜中になると、痛み止めの薬がだいぶ効いてきたようで、それでも、精神的なダメージが大きいらしく、 
その晩だけは、とても寡黙な男でした。 
 
もう一方の耳にもあるしこりも取らなきゃなんだけど、 
「もう絶対に切らん!!凸(`△´+)これは大事に育てる!!」んだそうだ┐(’~`;)┌ 
 
本人は大変だったようだけど、フランケンの大イベント、無事に終わってやれやれです。 
[PR]
by maccha1020 | 2005-01-21 14:55 | 日常


<< アンサンブルコンテスト 雪景色 >>