伊那谷文化芸術祭

毎年11月に開かれている伊那谷文化芸術祭も、今年で18回目だそうだ。 
飯田・下伊那で活動している各方面の団体(邦楽、器楽、合唱、吹奏楽、和太鼓、日本舞踊、ダンス(ハワイアン・ジャズ・フラメンコ等)、バレエ、演劇、人形劇等)が集まって、披露しあうこの芸術際、 
今年は、79団体が参加したそうだ。 
 
今月7日の日曜日から、毎週日曜日、そして今日と4日にわたって開かれていたんだけど、 
今日は私たち「飯田市民吹奏楽団」の出番だった。 
 
PM1:00に文化会館へ集合・・・ 
フランケンは、「お昼には帰ってくるから!」と言って、朝仕事に出かけた。 
しかし、12時半になっても帰って来ず、携帯へ電話を入れてみる。 
 
「今、どこ~?」「上村・・・」 「はあ?かっ上村ぁ?」 
(ちなみに上村は、飯田から車で約1時間) 
「すまん!先に行っとってくれ。2時には行けると思うで」とフランケン。 
仕方なく、一人で先に行くことにした。 
 
1時から音だしをし始め、やがて2時・・・。そして2時過ぎても、フランケンはまだ来ない(ー'`ー;) 
そこでまた、携帯に電話を入れてみる。 
「もうすぐ、ステージ袖だけど、今どこにおるの?」 
「園原・・・」 「そっ園原ぁ~?なんでまた・・・(ー'`ー;)」 
(ちなみに園原は、上村とはまた全然別方向で、飯田からはやはり車で40分~50分) 
「上村からの帰る途中で、また違うお客さんから呼ばれた・・・。 
今日は行けんわ、すまん!!みんなによろしく言っといてくれ」 
・・・ドタキャンかよ(-。-;)ボソッ 
 
市民音楽祭として25年続き、伊那谷文化芸術祭になって18年。 
地方の文化向上のために、これからもずっと続いていってほしいと思う。
[PR]
by maccha1020 | 2004-11-23 10:43 | 音楽活動


<< 人形劇ライブ 今頃・・・ >>