従兄弟会

1年に1度のいとこ会。
今年は、前々から参加したがっていた親たちにも、声をかけました。

去年は箱根だったんだけど、今年は諏訪湖のほとりなので、割と近場。
母と妹はどうしても仕事が休めないから、後で行くとのこと。
フランケンと私は仕事を休んだので、どうせなら諏訪湖へ行きがてら紅葉でも見て行こうかと、
実家で父をひろって、朝のうちに出発しました。

実家へ行くと、すでに玄関で待っていた父・・・一張羅のスーツ姿でした。
「ヾ(・_・; オイオイ、そんな格好して何処へ行くの?(^m^=)」

もっとラフな格好に着替えさせ、まずは、箕輪ダムへ・・・。

d0149663_17115955.jpg

d0149663_17124158.jpg
d0149663_17125468.jpg


通称「もみじ湖」と呼ばれている箕輪ダム、今が見頃と昨日の新聞に載っていたばかり。

ダムの先に「もみじの景勝地」である広場があり、そこまで車で行って、後は歩き。
ずらっと並ぶもみじの木は、まだまだ小さめでしたが、真っ赤に紅葉していて、とっても綺麗でした。

d0149663_17133932.jpg

帰りは、「ダムの周りを歩きたい」と言い張る私を、一人残してさっさと車で行ってしまった父とフランケン・・・。
つき合ってくれてもいいじゃんか・・・この根性無しめ・・・(T^T)

青い空のせいでエメラルドグリーンに見えるダム、
そのダムを囲んでる紅葉した山々、そんなきれいな景色は、ゆっくり見て歩かなきゃもったいない!
たとえ、一人でも良い気分でした♪

それから、岡谷市の塩嶺御野立公園、出早公園と見てまわり、3時半くらいに宿へ到着。
茨城、千葉、東京、神奈川からと、続々到着してくる私の身内で、じきとロビーはいっぱいになりました。
久しぶりに会う伯父や伯母もいて、「まぁ、すっかり大きくなって」と言われ、ちょっと照れました(///∇//)

途中、母から電話・・・「お父さんに言われたとおり右に曲がると湖に入っちゃうんだけど・・・」
そんなん、聞かなんでも分かるだろ!!(笑)
「湖、入って来てください。」と言って、電話を切りました(^m^=)

父方の従兄弟は、今年50の姉ちゃんを筆頭に、末は妹の29歳まで、全部で15人。
それに、親たち・・・いとこの子供も2人来てたし、私みたいにダンナさんを連れてきた従姉妹もいて、総勢28名集まりました。
宿はほとんど貸し切り状態です。

父の兄弟は宴会の席で大騒ぎはするけど、昔から一滴も飲めず、
でも、奥様たちは飲んべえばかり・・・。
なのでその子供達は、全く飲めないか、とことん飲めるかのどちらか・・・。
宴会の席では、いいちこ、ダルマ、日本酒(一升瓶)が出て来る、出てくる・・・<各自持ち寄ったお酒が(^m^=)

私もいただきました、新潟のお酒「八海山」 口当たりが良く、いっくら飲んでも顔色ひとつ変わらない兄ちゃんや姉ちゃんと一緒になって、ついつい飲み過ぎてしまいました。

大広間から移動して、2次会は部屋で・・・敷いてある布団を隣の部屋へ持っていき、一部屋空けました。
8畳ほどのそのひととこへ、20人くらい入って、またまた酒盛りの始まり・・・。

40年前からの親族歴代のアルバムを持ってきた伯母がいて、みんなでそれを見ながら大盛り上がり。
一番最初のアルバムは白黒で、もちろん私はいません。
私の父もまだ独身で、黒縁の眼鏡でうさんくさく写っていました(^m^=)
毎年開かれていたお父さん達の「兄弟会」のときの写真が、きれいに整理されていて、感動しちゃった。
大きい兄ちゃん、姉ちゃんたちの膝に抱かれて写ってる、私たち下っぱの従兄弟たち・・・
「お前たち、こんなにでかくなっちゃって┐('~`;)┌」と頭をぐしゃぐしゃにされながら、なんか子供にかえった気がしたりして・・・。

写真1枚1枚に、みんなそれぞれの想い出があり、笑ったり、恥ずかしがったり、時間を忘れて楽しいひとときを過ごしました。
このアルバムは、私たち一族の財産です。

気がつけば午前2時・・・。
それから温泉に入り、布団に入ったんだけど、散々笑って騒いだもんだから、気分が高ぶっていてなかなか寝付けませんでした┐('~`;)┌
[PR]
by maccha1020 | 2004-11-26 17:03 | イベント


<< のんび荘 人形劇ライブ >>