奥飛騨温泉郷の旅③

2日目
d0149663_14341480.jpg朝5時半、露天風呂へ!
標高が高いこの温泉、
朝の空気が冷んやりしていて
気持ちよかった!
しかも大きな露天風呂に
母と二人きり!
早起きした甲斐がありました!







↓↓↓旅館の庭園
浴衣姿のモデルは、母と私(;^_^A

d0149663_14355547.jpg
朝からボリューム満点の食事を頂いて、私たちは宿を後にし、高山へ向かいました。
d0149663_14381156.jpg
d0149663_14382294.jpg

高山の町並み
d0149663_143921.jpg

宮川朝市
d0149663_14393622.jpg

高山の街は、香ばしいいい匂いがします。 
見ると、そこらで、高山名物「みたらし団子」を焼いていました。 
1本60円。甘いタレじゃなく、ただ、しょう油をぬって焼いただけのシンプルなお団子、 
いつも甘タレのを食べ慣れてるので、ちょっと物足りない気もしたんだけど、
これはこれで美味しかったです!
d0149663_14402391.jpg


それから、白川郷へ向かったんだけど、途中でダム湖を発見!
d0149663_1441742.jpg
「御母衣(みぼろ)湖」と言うダム湖で、4つの村が沈んでいるのだそうです。
d0149663_14421627.jpg
ダム完成前に、二つのお寺の境内にあった2本の巨桜がこれ。 
ダム湖に沈むのを惜しむ人々の手によって、現在の湖畔を見下ろす高台に移植されたんだそうです。 
まるで、湖に沈んだ村々を見守るように、立っていました。
d0149663_14422557.jpg
この荘川桜、桜が咲くシーズンにもう一度行きたいな。

そして、白川村へ!
d0149663_14435892.jpg
車を止めて、橋を渡ると別世界!
茅葺きの古い合掌家屋が建ち並ぶ風景は、昔の日本のまま。 
タイムスリップしたみたい・・・と思いきや、ほとんどがお店や資料館になっていました。 
でも、ホントに生活をしているお宅もたくさんあってびっくり。
d0149663_1445108.jpg

国指定重要文化財になっている木造5階建の合掌家屋家は、1820年代のもので、
白川郷の代表的な合掌造り。 
中は白川郷の衣食住に関する様々な資料を展示公開しているらしく、
昔の生活を垣間見ることができるとか・・・。
私も見てみたかったんだけど、何しろ足が痛くて、5階まで上がる勇気無し(;^_^A
d0149663_14481167.jpg

d0149663_14483690.jpg
d0149663_14484513.jpg
d0149663_14485973.jpg
d0149663_1449935.jpg
d0149663_14494697.jpg
d0149663_14495633.jpg
この集落を一望できる展望台もあったんだけど、これもあきらめ、
一回りしただけで帰ってきちゃいました。
(昨日滝を見に歩いたおかげで、筋肉痛だったのだ~~!!)
ここへは、もっとまともに歩ける状態の時に、もう一度訪れてみたいな┐('~`;)┌ 

奥飛騨温泉郷の旅 完
[PR]
by maccha1020 | 2004-08-16 14:52 | 旅 岐阜


<< 温泉旅行・余談 奥飛騨温泉郷の旅② >>