お見舞い

この間、千葉に住んでいる伯父のお見舞いに行ってきました。 
 
私の父は、男9人、女1人の10人兄弟。 
今はもう5人しかいませんが・・・。 
 
この日は、うちの家族と東京に住んでる父の弟一家が、伯父の家に集まった。 
伯父は、10人中4番目、父は9番目だから、70歳はとうに越えてると思うんだけど、 
赤い靴下や、ピンクのシャツなどを普通に着こなせる、とっても粋でお洒落な人。 
 
その伯父が、2年ほど前から病と闘っている。 
最近、体調が思わしくなかったらしく、心配した伯母に「元気つけに来てやってと」言われ、 
みんなでお見舞いがてら、伯父の顔を見に行ったというわけだ。 
 
もしかして、寝てるのかなと思いきや、伯父は元気いっぱいで出迎えてくれた。 
それでも、あまり疲れさせちゃいけないし、長居はしないようにと思ってたんだけど、 
結局、5時間もの間、伯父を中心にしゃべったり、笑ったりしてきた。 
しかも、お昼には特上のお寿司をご馳走になって・・・(;^_^A  
 
「今日はすごく調子がいい。」と言ってた伯父。 
やっぱり、笑いは人を元気にさせるのかな。 
 
話の中で、お父さんが子供の頃に、早くして亡くなった兄弟たちの母親のことが出てきた。 
たくさんいる従姉妹の中で、私が一番似ているという。 
もちろん、私は会ったことないんだけど、なんか嬉しい。でもちょっと不思議な気がする。 
 
遺影を見ると、今の私の年よりちょっと上かな?って思うくらいの方が、少し微笑んで私を見ている。 
おばあちゃん!ていう実感はない。 
 
「笑った顔や、横顔は、ほんとお前に似てた・・・。面影がある。」と伯父たちがしみじみ言う。 
 
ちょっと照れちゃったな(///∇//) 
 
とにかく、伯父が元気でよかった。 
[PR]
by maccha1020 | 2004-04-23 16:14 | 日常


<< お疲れモード イタリアン >>