叔父を説得

この間、おばあちゃんの卆寿のお祝いの席で、従妹が「私結婚したい人がいる」と、みんなの前で報告!

「おぉ~~!!それはめでたい!!」と、みんなが喜びの歓声をあげる中、1人むすーっとしてる人が・・・。
その従妹の父親、叔父である。

長いこと付き合っていて、従妹ももう30を過ぎた。ぼちぼちいいだろう。
でも、叔父がなかなか首を縦にふらないんだって。

叔父のネックは、どうも彼が宮崎県出身だからってことらしい。
今は、仕事でこっちへ来てて暮らしているけど、いずれ実家に帰っちゃうんじゃないかって心配してるみたいなんです。
従妹は姉妹の長女・・・できればご養子さんをとりたい。でも百歩譲って、近くへ嫁に行くならまだしも、九州だなんて・・・って。

娘を遠くへ連れて行かれちゃうって思っちゃってるみたい。
みんなが、お祝いモードになっている中、ひとりすねちゃってる叔父、ちょっぴり可愛そうって思いながらも、可愛いって思っちゃった。
これが、娘を持つ父親の辛いところなんだろうな。

そんなことは知ったこっちゃない私たちは、そんな叔父をよそに、宮崎県に親戚ができると大喜び!!
「結婚式は宮崎でやってよね!」って、大はしゃぎ!

で、ますますスネる叔父に、母がひとこと!

「そんなこと言っとったってな、嫁にいけるときに行かせんと、(妹をちらっと見ながら)30後半になってもまだひとりでおってみ~、その方が心配だに!」って。

妹、とんだトバッチリ!(;^_^A


その従妹、1月の終わりに、あちらさんのご両親へご挨拶をしに、宮崎まで行ってきたって。
「宮崎、すっごくいいところだったよ!まちちゃん、今度一緒に行こ!彼や、お義父さんがいつでも案内してくれるって!」

「行く、行く!!ヽ(*^。^*)ノ」・・・・このとき、叔父ににらまれた気がする(笑)

叔父も、きっとわかっちゃいるんだと思う。誰よりも娘の幸せを願っているんだから。
だけど、一度は反対したいオトシゴロなんだよね。

みんなから説得され、渋々嫁に行くのを承知した叔父でした。
今年はまた親族が増えそうです!

その従妹からのお土産~!

おお~~!これは、東国原知事がよくあちこちで配られている、宮崎鶏の炭火焼じゃないのー!!
d0149663_1615040.jpg
とっても香ばしくて、美味しかったよ~!

そしてこれは、宮崎ブランドの金柑。皮ごとそのまま食べられるんだって!
d0149663_16152297.jpg

さぁ、みなさん、商品名を大きな声で、ご一緒に~~!!(笑)

とっても甘くてフルーティー!金柑を生で食べられるなんてね~驚いた!

それにしても、宮崎のお土産って、全てに県知事の似顔絵がプリントされているんですね。
知事、似顔絵にしやすい顔立ちで、よかったですねぇ! 

 
[PR]
by maccha1020 | 2010-03-07 10:55 | 日常


<< 世代を超えて バトンタッチ >>