寒い日の1日

久しぶりの更新です。

朝晩どころか、日中もすっかり寒くなった今日この頃。朝も、霜がおりるようになりました。
d0149663_1774183.jpg
d0149663_1781371.jpg
私は仕事に行くのに、毎朝6時50分に家を出ます。まだ薄暗く、霧で真っ白な中を行くことも・・・。
d0149663_17103418.jpg
10分ほど走ると、南アルプス連峰から、太陽が登りはじめます。
d0149663_17112832.jpg
車中から撮ったので(危ねーっつーの!)、景色が曲がっていますが・・・ヾ(´▽`*)ゝ オレンジ色に染まる中を走るの、結構好き!
d0149663_17113389.jpg

そして、駒ヶ根へ差し掛かる頃にはすっかり夜が明け、中央アルプスのお山がくっきりはっきり見えてきます!
(これは、さすがに止まって撮った写真です(;^_^A)
d0149663_17144071.jpg


そして、夕方・・・職場から見える南アルプスが、だんだんと赤く染まってきます。
d0149663_17193056.jpg
まもなく、夕焼けで空が真っ赤にに染まると、電線に止まっているトンビたちも、山へと帰っていきます。
d0149663_1719622.jpg
日が落ちるのが本当に早くなって、PM5時にはもう真っ暗!!さっ私も帰り支度しようっと!

こんな寒い日は温かいものがいいね。この日はキムチ鍋でした。
何が楽しみかって言うと、シメの雑炊!!温まるね~~!!
d0149663_1723960.jpg
寒いのはイヤだけど、寒けりゃ寒いで楽しみもあるんだよね!(^m^=)





生きていると、やっぱりHappyなことばかりではありません。
先日、伯父との悲しい別れがありました。

義母の一番上のお兄さんだったのですが、85歳でした。
今年の6月にすい臓ガンの宣告を受け、「どんな治療でもやりますから、先生、私はもっと生きたい」と言っていたそうですが、
もうそのときにはすでに末期で、手のほどこしようがなかったそうです。
残り短い命を好きなように生きる!と、10月の頭に入院するまで、何事もなかったかのように元気で生活していたとか・・・。
温泉旅館の総支配人として、入院する前日までフロントに立っていたそうです。
まさに、生涯現役でした。

入院してからちょうど2ヶ月、その間昼間は伯母が、夜は長女のNちゃん(こちらの女将さん)が女将業を終えかけつけ、週末にはダンナさんの転勤で大分へ行っている次女のKちゃんが帰ってきて、3人で交代しずっと付き添って、手厚く看護をしていたそうです。

姉妹とも、最後の最後に短い間だったけれど、お父さんとずっと一緒にいられていろんなお話しをすることができて良かったって。

亡くなったと聞き、仕事が終わってフランケンと伯父に会いにかけつけた5日の土曜日は、伯父と伯母の60回目の結婚記念日だったそうで、私たちも一緒にお祝いをしてきました。
伯母が、「お父さん、結婚記念日を家で迎えられて、良かったですね」って・・・伯父は無言だったけれど、きっと一緒にお祝いしていたね。

義母の兄弟は全部で7人(男5人の女2人。義母は末っ子) 
去年の11月には、熊本・神戸・大阪・長野・東京とそれぞれに住んでいる兄弟たちがみんな集まって、有馬温泉で兄弟会を、
今年の2月には、伯父の娘2人の家族とともに、大阪旅行をしてきたとか・・・。
そして、9月には孫たち全員が集まって敬老会を・・・そのときのビデオを見せてもらったけど、まだまだとってもお元気そうだったのに・・・。

d0149663_14215547.jpgこちらは義弟の結婚式に来てくださったときに、私が撮ったもの。
伯父83歳、伯母80歳でした。
お2人とも、とても80を過ぎているようには思えないでしょー!

d0149663_14422677.jpg→こちらは、義母の兄弟を引き連れて、わらび取りに行ったときの。

あれから、たった2年しか経っていないのに・・・。

義母が末っ子だったこともあり、その長男へ嫁いだ私も随分と可愛がっていただきました。

とっても穏やかで優しかった伯父、
もっともっと生きていて欲しかったです。



月曜日のお通夜、火曜日の葬儀には大勢の方が来てくださいました。
葬儀への会葬者は、600名を超えたとか・・・。
この年で、こんなにたくさんの方がお別れに来てくださるなんて、伯父さん、すごい!
改めて伯父の偉大さを再確認しました。大勢の方々に愛されていたんですね。本当に尊敬すべき伯父です。

晴れ男だったという伯父にふさわしく、朝から青空が広がった8日、伯父は旅立っていきました。
伯父を偲んで涙あり、笑いあり、みんなでにぎやかにお見送りすることができたと思います。


義母の兄弟は、みんな品があって美しく、初めて会ったフランケンのイトコや、その子供たちもみんなきれいで、イケメンぞろい!
中でも、すらっと背が高く、私でも見上げてしまうような兄弟がいて、聞けば身長191cm&193cmだって!!
ひぇ~~~!こんな大きな男性を生で見たのは初めて。
また声も、柴田恭平さんか、福山くんか、麒麟の川島かってくらい低くて渋く、顔も私好みの醤油顔!
不謹慎だけれど、感動して思わず握手を求めてしまった私です(;^_^A

フランケンと見比べて、「ホントに同じ血が流れてる?」って疑問に思ってしまったわ。
そう言ったとたん、製造元の義母がそこにいたのに気づいたときには、はっ!Σ( ̄□ ̄;)としたけれど・・・(;^_^A 

〇〇家の長男として、親族を大事にし続けてきた伯父。
だから、残された者たちが仲良くすることが、伯父にとって一番の供養だと思います。
これからは、空からみんなのことを見守っていてくださいね。

帰り際、伯父たちがそれぞれに、「一度たずねておいで。うまいもの、食べさせてあげるから!」と言ってくださいました。
うまいもの?!(すぐに食いつく私!ヾ(´▽`*)ゝ)
来年は、熊本・神戸・大阪・東京と、伯父さまめぐりをしたいと思います!
191cmのイケメンくんも、神戸でデートしてくれるって~!!ヽ(*^。^*)ノ
(ちなみに、22歳の大学4年生です。年の差、約20ですけどなにか?)
[PR]
by maccha1020 | 2009-12-10 19:05 | 日常


<< むっしー初体験♪ 紅葉めぐりの後に・・・ >>